新規に住宅を建てる時の流れを大まかにご紹介いたします。工事を依頼されるときの参考にしてください。

工事のご依頼・ご相談を頂きますと、当社営業マンがお話を聞きに伺います。工事の内容や、ご希望をお伺いし、敷地の下見をします。

建物規模、目的、外観、間取りなど、お客様のお話を聞きながら、当社のアドバイス等も加えて、工事内容を煮詰めてゆきます。


ご希望のプランを元にして、パソコンを使って、間取りや外装の3次元イメージを作成します。事務所におこしいただければ、その場で、間取りや壁材を変更し、イメージを煮詰めて行くことができます。お客様と当社の職人、設計者との間で意見を合わせてゆく大切な作業であり、ここでじっくり話し合うことで、よりいっそうお客様のご想像に近い建物を造ることができます。

壁材などの材料が決まったところで、設計作業に入ります。

建物のイメージが確定したら、各種申請書類や図面を作成します。設計図面や材料、見積り等に納得していただければ、当社とお客様との間で契約締結を行ない、工事に取り掛かります。

設計、役所への申請作業は、できるだけ素早く作業を進めますが、ある程度の日数が必要となります。

いよいよ工事の始まりです。土工事などを始める前に、地を清め、工事の安全と建物の末長い加護を願って、地鎮祭を執り行います。時間は30分程度。日程や神主さんの手配、司会進行なども当社にお任せください。お客様の方で、指定の神主さんなどいらっしゃいましたら、もちろんそちらでもかまいません。